ホーム> 新着情報

◎ 災害救援金を日赤県支部に寄託<2019年3月29日>

 神奈川新聞厚生文化事業団は29日、県民から寄せられた熊本地震、東日本大震災、九州豪雨災害、西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震の各救援金を日本赤十字社県支部(支部長・黒岩祐治知事)に寄託しました。
●東日本大震災救援金=13次分67件、302万1872円(これまでの累計7145件、13億3895万6335円)
●熊本地震救援金=5次分32件、57万4462円(同805件、1億2709万2089円)
●西日本豪雨災害救援金=2次分45件、864万554円(同254件、4100万4688円)
●北海道地震救援金=140件、1018万1524円
●九州豪雨災害救援金=2件・18万円
また、ユニセフ募金11件・12万8690円を日本ユニセフ協会へ送りました。

◎ 蔵王でスキー教室を開きました<2019年3月11日~13日>

 県内の児童養護施設などで生活し、中学校を卒業する生徒などを招待する神奈川新聞厚生文化事業団主催の「神奈川新聞スキー教室」が3月13日から15日までの3日間、山形県蔵王温泉スキー場で開かれました。県内11施設の生徒、施設職員ら55人が参加しました。
一行は夜行バス2台に分乗、蔵王温泉からケーブルで中腹(標高1350㍍)の宿泊地SANGOROホテルへ向かいました。朝食後、降りだした雪の緩斜面で職員指導のレッスン開始。二日目も雪で視界が悪かったものの、初心者も滑る楽しさをつかみ、ゲレンデスキーを味わいました。
 最終日、天気は一気に回復。まばゆい蔵王の銀世界に、リフトを乗り継いで山頂付近や樹氷林コースをチャレンジするグループもありました。相模原市から参加の中学生は「滑れるようになって嬉しい。蔵王の雪景色がきれい」と話していました。
スキー教室

◎ 2018年度第2回理事会<2019年2月20日>、同第2回評議員会<同3月25日>開催

神奈川新聞厚生文化事業団の18年度第2回理事会、同第2回評議員会がそれぞれ開かれ、19年度の事業計画案と予算案、基本財産の一部処分決議の執行中止に伴う差し戻し案などが原案通り承認されました。
 事業計画では、前年度は結果的に年1回実施となった「車いす空の旅」を、従来の春の沖縄、秋の北海道の年2回実施としました。また、過去7年間該当団体がなかった活動奨励支援金の予算を復活し、対象団体の選考に積極的に取り組むこととしました。
収入予算は、福祉寄付金に2100万円(前年度比100万円減)を、歳末助け合い募金の配分金として昨年度実績額プラス80万円の650万円をそれぞれ計上しました。

◎ 「車いすバスの旅」で南房総を訪ねました<2019年1月25日~26日>

 2018年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震のために中止となった「車いす空の旅・北海道」の代替事業として、「車いすバスの旅・南房総」が1月25、26日の1泊2日の日程で行われました。障がいのある23歳から48歳までの10人に、家族とボランティアを加えた総勢38人が参加しました。
 雲間に青空がのぞいた初日、一行は千葉県富津市の「マザー牧場」を訪問。羊の毛刈りや触れあい体験のほか、アヒルの行進も間近で見学しました。夕食会では豪華景品が当たるくじびきやカラオケ大会も開かれ、大いに盛り上がりました。
 2日目は鴨川市の「たむら農園」でイチゴ狩りを楽しみました。シーズン前にもかかわらず、このバス旅のために特別に仕立ててくれたイチゴ狩りに、参加者はもちろん同行の家族やボランティアも完熟イチゴを満喫していました。
 帰路は金谷港から東京湾フェリーを利用して、横須賀市の久里浜港まで、富士山を眺めながらの船旅を楽しみました。
車いすバスの旅

◎ 「歳末たすけあい」募金の配分先が決まりました<2019年1月>

 神奈川新聞社、神奈川新聞厚生文化事業団、県共同募金会、県社会福祉協議会の4団体が2018年12月1日から受け付けていた「第52回神奈川新聞歳末たすけあい」募金が1月17日で終了しました。寄せられた募金は231件、764万4090円。前回と比べて件数は6件増、金額は111万1865円の増でした。1月30日に主催4団体で協議の上、県共同募金会配分委員会の審査を経て、以下の8団体に配分金を贈ることが決まりました。
 ▽神奈川湘南卓球クラブ(藤沢市弥勒寺)=8万円。障害者卓球講習会事業▽療育教室歩会(座間市さがみ野)=8万円。テレビおよびDVD機器整備事業▽失語症 会話カフェ(藤沢市本鵠沼)=15万円。失語症の啓発活動▽日本オストミー協会神奈川支部(藤沢市湘南台)=16万円。会員および医療関係者向け会報発行と医療後援会・相談会開催事業▽がん患者サロンあさひ(横浜市旭区中尾)16万円。サロン運営事業▽開く会 グループホームウィズふじみ荘(横浜市栄区金井町)=18万円。AED購入事業▽ひだまり 生活ホームひまわり3号館(伊勢原市石田)=17万円。物置購入事業▽神奈川新聞厚生文化事業団(横浜市中区太田町)=666万4090円。「車いす空の旅」「児童福祉施設スキー教室」実施、障害者団体等への活動補助金の助成など。

→2018年度のニュースはこちら
→2017年度のニュースはこちら
→2016年度のニュースはこちら
→2015年度のニュースはこちら
→2014年度のニュースはこちら
→2013年度のニュースはこちら