ホーム > 事業団について > 理念・目的・事業
神奈川新聞厚生文化事業団

名称   公益財団法人 神奈川新聞厚生文化事業団

代表者  理事長 林 義亮

住所   〒231-8445 横浜市中区太田町2-23番地 横浜メディア・ビジネスセンタービル10F

電話   045(222)0615

FAX   045(222)0614

Eメール jigyodan@cb.wakwak.com

理念

 公益財団法人神奈川新聞厚生文化事業団は、1977年12月1日、県の認可を得て財団法人として発足しました。
 発足の趣旨を、事業団最初の事業報告書(1979年6月発行)に「神奈川新聞は、紙面を通じてその重要性を一層県民に訴え、社会福祉の活動にも積極的に参加協力してきたが、直接活動面においてもさらに寄与したいと願った」と記しています。
 障がいのある人もない人も、お年よりも子どもも、男性も女性も、日本人も外国人も、誰もが、明るく楽しく元気よく生きることのできる地域社会づくりを目指して、県民の福祉向上につながるようなさまざまな取り組みをしています。

目的

 公益財団法人神奈川新聞厚生文化事業団は、時代の求める福祉ニーズを的確につかみ、神奈川県における社会福祉事業及び文化の発展を図り、もって県民だれもがこころ豊かに生きることのできる福祉社会づくりに寄与することを目的としています。

事業

公益財団法人神奈川新聞厚生文化事業団は、目的を達成するために、次の事業を行います。

(1)福祉的援助を必要とする人々の社会参加を支援する事業
(2)社会福祉施設等の利用者の福祉向上につながる事業
(3)地域福祉の向上を目的とする団体等の活動等を助成・表彰する事業
(4)災害発生に伴う救援金及び募金にかかわる事業
(5)県内の文化的水準の向上に資する事業
(6)その他この法人の目的を達成するために必要な事業